スポンサードリンク

2007年10月25日

ガソリン価格更に値上がり!!!

レギュラーガソリン価格が11月に再び最高値を更新する可能性が強まってきた。原油価格が最高値圏で推移する中、石油元売り最大手の新日本石油は17日、原油価格がこのまま推移すればガソリンなど石油製品の卸価格を10月に比べ1リットルあたり5・7円程度引き上げる必要があるとの認識を明らかにした。値上げに踏み切れば2カ月連続で、小売価格への転嫁が進めば8月に記録した最高値145・4円を上回る公算も大きい。
 値上げ方針は、石油連盟の渡文明会長(新日石会長)が同日の会見で明らかにした。渡会長は、原油高と円安に伴い10月分の原油調達費用が前月比4・8円分増加していると説明し、「値上げをお願いする」と述べた。
 新日石は11月分の卸価格にどれだけ反映させるかは月末をめどに判断するとしているが、原油高がこのまま推移すれば、11月出荷分の上げ幅は10月に実施した4円を上回る可能性もありそうだ。
 ただ、卸価格から小売価格への転嫁は元売り各社の思惑通りに進んでいない。石油情報センターが17日発表したレギュラーガソリンの全国平均小売価格は前週比0・2円高の144・9円。各社が10月出荷分の卸価格を4円程度値上げするとしたため3週連続の上昇だが、上げ幅は小さい。「競争激化で値上げが難しい地域が多い」(渡会長)とみられる。
posted by オイルマネージャー at 23:59| ガソリンの価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。