スポンサードリンク

2008年04月30日

「暫定税率」

暫定税率とは・・・

特定の政策目的のため、本来の税率よりも一時的に加算または軽減している税率のこと。
租税特別措置法などで規定するが、期限が切れると自動的に失効。延長する場合は改正法を国会で成立させる必要がある。
 

今国会では、揮発油(ガソリン)税の暫定税率10年延長を盛り込んだ政府の税制関連法案が2月29日に衆院で可決された。

しかし、参院の過半を占める野党が審議入りを引き伸ばしたため、参院で可決されないまま期限切れを迎えた。

 ただ、参院での採決が先送りされても、参院送付から60日経過後に衆院が3分の2以上の多数で再可決すれば法案は成立するとあって。
今回のケースでは、衆院で3分の2以上を占める与党が4月29日以降に法案を再可決すれば暫定税率が復活するだろうと予想されていた。
index1.jpg
そして、30日の今日・・・7.jpg
失効したガソリン税などの暫定税率を復活させる租税特別措置法改正案が午後の衆院本会議で自民、公明両党など3分の2以上の賛成で再可決され、成立した。民主、社民、国民新の野党3党は採決に抗議して欠席し、共産党は出席して反対した。改正租特法の施行日は5月1日で、ガソリン1リットル当たり25.1円の税率上乗せ分が1カ月ぶりに復活する。

 今後の焦点は道路特定財源を10年間維持する道路整備財源特例法改正案の扱いに移る。政府・与党は特例法改正案も、5月12日にも再可決する方針だが、野党の反発は必至で、政局はさらに緊迫の度を深める。


posted by オイルマネージャー at 00:57| ガソリン税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。